ベガの日記。

ベガの日記。

日々の事をつぶやいてみる日記的な何か。

うつの原因?

読みたい方だけどうぞー

 
私は元々パニック系の病気でした。(人ごみ、閉鎖空間がダメ!)
 
それでも今は仕事をしています。
 
年数も10年以上になろうかとしています。
 
そんな中新たに別の事業所から転属される方が来ました。
 
 
 
この方が後の一番苦手な方です。
 
 
 
第一印象は真面目そうだな~と思いました。
 
機嫌がいいと笑い話をする様な方なのですが、
 
仕事中には一切の妥協を許さない。まさに完璧超人
 
 
 
そんな方が一日張り付いて「今の仕事はなんですか?」「どういう意味があってやったんですか?「作業のコツは?効率化について考えてますか?」と初日から質問攻め。
 
 
 
元々人に聞かれるのは得意ではない方の自分ですが頑張って答えました。
 
自分なりの経験、想い、色々な事を話したと思います。
 
 
 
ある日突然おかしくなりました。
 
仕事中に呼吸が苦しくなり、手の震えが止まらず、鼻水と涙を流し続ける日々。
 
そのうち人と要るのが怖くなり誰も来ない機械室に篭って休憩時間を過ごしたりもしました。
 
 
 
その状態でも5ヶ月仕事しました。体重は27㌔落ちました
 
そしてとうとう上司に呼ばれ「休んだらどうだ?仕事できてないだろう?」と言われて始めはそれでも「まだ仕事します!」と食い下がったのですが
 
「死ぬ前に休め」と言われると黙って受け入れるしかありません。
 
休むことを決めました。
 
 
 
休んでからも1ヶ月はマトモじゃなかったです。
 
毎日泣いて、苦しんで、自傷もしましたね
 
 
 
2ヶ月目からは「陽の光」が良いと聞いて散歩をするようになり、そのうち自転車に乗るようになり少しずつ良くなってきました。
 
ただ結局休職期間は1年と9ヶ月まで延びてしまいました
 
会社に行くと涙が止まらないのです。息が苦しいのです。
 
それが情けなくてまた涙し...って感じでしたね。
 
 
 
病院や産業医にも恵まれたのか「とにかく焦るな!責任は我々が何とかする」と言ってくれたので助かったです。
 
今も一番苦手な方と仕事を組んでやってます。
 
時々調子が悪くなるのも彼のせいが少しは関係あるのかも知れません。
 
しかし会社に留まろうと思っている以上多少の事は我慢して仕事を頑張らないと!
 
 
 
 
 
と、長々と書いてしましましたがこの話を知っている人はごく一部でした。
 
でももしかしたらこの経験が誰かに生きるのでは?と思い書いてみました。
 
 
 
今苦しんでいる貴方、必ず誰か味方は居る筈です。
 
少なくとも死んじまうのは止めましょうや。
 
残った人間に負担が掛かるしね
 
ドロドロでも良いから這いつくばっても良いから生きてください。
 
 
 
生きてれば良いことがあります。
 
私は奥さんと出会えました。
 
最高の理解者で、たまに調子を落とした時も献身的に介護してくれます。
 
 
 
結局ひとりだとどんどん孤独になって行くだけなので、理解者を作れるといいですね
 
 
 
今は笑い話ですが自傷していた頃に奥さん(当時彼女)に見付かり怒られると思ったけど、ただただ「辛かったねぇ~」と傷を撫でててくれて一緒に泣いてくれたりして...
 
もう本当に頭上がりませんですよ。
 
ココまで普通に振舞える様になったのは奥さんのおかげ
 
纏めどころが難しいけど一生環境が悪いワケは無いと思うのです。
 
何かが変われば事態は好転すると思うのです
 
でもうつは時間を掛けて治す病気だから焦っちゃだめですよー
 
私も先週3日も休んで有給無くなりそうですよー(爆)
 
 
 
本当にうつ病って厄介な病気です。
 
世間にもっと認知されるといいな